タイヤ買取ナンバーワンは全国からタイヤホイールの高額買取をしています。

電話でのお問い合わせは092-600-1086
タイヤ買取奮闘記

タイヤの太さとグリップと

 
投稿日
カテゴリ スタッフ買取奮闘記
タグ グリップ, スリップ, タイヤ, タイヤ買取ナンバーワン,
閲覧数 364 views
投稿者
閲覧所要時間 約 3 分
記事の評価
12345 (No Ratings Yet)
読み込み中...

皆様こんにちは!
タイヤ買取ナンバーワンの原です^^

今回はちょっとマニアックに、タイヤの接地面積とグリップ力の相関関係についてお話をしようと思います^^
私見が入っていますので、ご参考までに…笑

レーシングカーやスポーツカーって、後ろのタイヤがやたらと太くないですか!?
それと、個人的に街行く車で気になるのが、タイヤを何本か宙に浮かせた状態で走っているトラックです!

タイヤの接地面積がそんなに走行に影響するものなのでしょうか…??
例えば、机の上にポンと置いてある消しゴムをデコピンしたらすっ飛んでいきますが、それを指で押さえつけたら飛んで行ったりしませんよね。

タイヤは細い方が抵抗が少なくて良いじゃない^^
…なんて思っていた時期が、自分にもありました 笑

実はゴムって、押さえつけたら押さえつけるほどグリップ力(接地面との摩擦)が上がるわけではないのです!!
一定以上の力で押さえつけると、グリップ力が頭打ちになるのですね^^

そこで冒頭の気になる話、スポーツカーの後ろのタイヤが太いだとかトラックのタイヤを宙に浮かすだとかの話になりますが
重量バランスが一般的な車より後ろ寄りであるスポーツカーは、その分タイヤも後ろが太くなるわけですね^^
特に昨今の車は重量が車体中央に集中しており、コマみたいにスピンしやすいので、それを食い止める意味でもリアタイヤが太くなっています。
更に加速するときに車体はスクォート(車体後ろが下がる状態→リアタイヤに重量がかかる)を起こすので、その意味でも重要になります。
フォーミュラカーみたいに微妙なスピン挙動を起こしつつ縦グリップを活かした走りをしたい、というところなのでしょうね。

トラックについては、、、これまでの話でなんとなくお判りでしょうか。
空荷の時は余計な抵抗を増やさないために車輪を上げて、荷物を載せたときはしっかりと止まって曲がるためにタイヤの接地面を増やす、ということなのですね^^

グリップは太さだけではなく、タイヤのコンストラクション(構造)やエアボリューム(入れる空気の総量)、車体の設計と複雑に絡む話なので一概にお話しできない部分もありますが、自分が分かる範囲での大雑把なタイヤのお話をさせていただきました。
溝については先日あいたさんがお話ししてくださっていますね^^
自分もタイヤについてもっともっと勉強して、毎日タイヤに触れて、より理解を深めて皆さんにフィードバックできるようにします!!
タイヤ買取ナンバーワンスタッフ一同、精進してお待ちしております!!笑

タイヤやホイールの買取は はら までお問合せください。たくさんの査定お待ちしております。