タイヤ買取ホイール買取日本一に挑戦中!!

電話でのお問い合わせは092-408-5814
タイヤ買取奮闘記

新型プリウス(PRIUS)発売開始

 
投稿日
カテゴリ スタッフ買取奮闘記
タグ PRIUS, TNGA, ツーリングセレクション, プリウス, 新型, 福山雅治,
閲覧数 1,232 views
投稿者
閲覧所要時間 約 9 分
記事の評価
12345 (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

2015年12月9日(水)ついに新型プリウス(PRIUS)が発売されました。
プリウス(PRIUS)ファンにとっては待ち遠しかったのではないでしょうか。

今回の大きな特徴としては、なんと言っても世界トップクラスの低燃費「40.8kmL」(※これはEグレードの測定です。)です。
これまでのアクア「37.0kmL」を大幅に更新しています。

新型プリウス(PRIUS)は、トヨタが進める「Toyota New Global Architecture = 通称TNGA」によってもたらされた、初めて体感できる車になっています。これも後ほど詳しくお伝えします。

個人的には、イメージキャラクターに起用されている「福山雅治」も気になります。
SUZUKIスポンサーのラジオ番組していますよね。(余談です。)

それでは、新型プリウスを見ていきましょう。

※当記事はトヨタウェブサイトより画像及び文章の転記がございます。

新型プリウス(PRIUS)

  1. これまでのプリウスとは別物
  2. Toyota New Global Architecture
  3. まとめ

1.これまでのプリウスとは別物

34purius
※新型はAプレミアム“ツーリングセレクション” 見た目もカッコよくなってますね。

ドライビングポジション

はじめから自分専用の設計であるかのように、直感的な操作を楽しめるコックピット。
プリウスのDNAでもある「遠方表示・手元操作」を基本に、人とクルマが自然につながり合えるインターフェースを追求しています。
carlineup_prius_grade_grade1_2_03_pc

直感的なエアコンスイッチ

より直感的な操作性を目指して、これまで左右に配置されていたエアコンの温度・風量調節スイッチを、上下の操作で調節できるように変更しました。このスイッチ、目で見なくても調節できるくらい操作性が高いので、運転中の視線移動を少なくしてくれます。
pic-1

くつろげる空間

低重心ボディであっても、室内には開放感を。天井形状にくぼみをつけるなど形を工夫することで、後部座席も運転席と同じくらいゆとりある頭上空間を確保しています。 また、リヤシートはクッション性の向上や接触面積を広げることで、長時間座っていても疲れにくい快適な乗り心地
carlineup_prius_grade_grade1_2_04_pc
スクリーンショット 2015-12-11 14.14.50
シートカラーも豊富に選べます。

後部座席もゆったりとソファーのように座れるのがいいですね。
carlineup_prius_interior_comfort_2_06_pc

高級車にも匹敵する遮音性

外にいるときよりも、開放感を味わえる室内かもしれません。ドアを閉めた瞬間に、外のざわめきが一瞬で遠ざかるプリウスの遮音性。振動・騒音を抑える高剛性ボディに加え、接合部のすき間も細部にわたって埋めています。また、ドアや窓、そしてフロアカーペットから天井に至るまで、入念なノイズ対策を実施。さらに、エンジンノイズを特定の周波数で打ち消す新構造を採用するなど、高速走行時でも優れた静粛性もまた特徴です。
※音にこだわる方にもオススメですね。

  • 風切音の低減
    高遮音性ウインドシールドガラス採用/ドア遮音度向上/遮音性フロントドアガラス採用
  • エンジンノイズの低減
    フードサイレンサー吸音率向上/サイレンサー付エンジンアンダーカバー採用/ダッシュサイレンサー遮音度向上
  • 車内への音の侵入を抑制
    ボディ気密性の向上/ルーフヘッドライニング吸音率向上/フロアカーペット吸遮音度向上/リヤデッキまわり吸音率向上

豊富なオプション内装インテリア

これだけ多くの選択ができるので、購入の際は迷ってしまいそうですね。
スクリーンショット 2015-12-11 14.08.54

足元をおしゃれに

ホイールはやっぱり、アルミがかっこいいですね。
wheel
215/45R17タイヤ&17×7Jアルミホイール(ブラック塗装・樹脂加飾パーツ+センターオーナメント付)(左)
195/65R15タイヤ&15×6 1/2Jアルミホイール(ダークグレー塗装+ホイールキャップ付)(右)

スペック

“ツーリングセレクション” Aプレミアム “ツーリングセレクション” A “ツーリングセレクション” S E
性能
最小回転半径m 5.4 5.1 5.4 5.1 5.4 5.1 5.1
燃料消費率

JC08モード 国土交通省審査値

km/L

37.2[34.0] 40.8*1
エンジン
総排気量L 1.797
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
最高出力ネットkW(PS)/r.p.m. 72(98)/5,200
最大トルクネットN・m(kgf・m)/r.p.m. 142(14.5)/3,600
寸法・定員
全長mm 4,540
全幅mm 1,760
全高mm 1,470[1,475] 1,470
乗車定員 5

その他の仕様はトヨタホームページを参照ください。

2.Toyota New Global Architecture

スクリーンショット 2015-12-11 15.58.44
Toyota New Global Architectureとは「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」の頭文字をとって通称「TNGA」といいます。これはプラットフォームそのものの名称ではなく、車づくりや仕事の進め方の方針を示しているそうです。TNGAが掲げる取り組みのポイントは以下の5つです。

  • 商品力の向上
    クルマを骨格から変え、低フード化、低重心化を実現し、かっこいいデザイン、良好な視界確保、運動性能の向上など、お客様の感性に訴えるクルマとなるよう、次期プラットフォームを開発し、2015年に発売する新型車より順次導入する。まずは車の基本動作「走る」「曲がる」「止まる」に関わる基本部位の性能をレベルアップしていく。
  • 開発効率化
    中長期の商品ラインアップを確定し、それらに搭載するユニットやその配置、ドライビングポジションなどをトヨタの「アーキテクチャー」として定める。そして、定められたそれに基づき、複数車種の同時開発を行う「グルーピング開発」により、部品・ユニットの共用化を進め、「もっといいクルマづくり」と開発の効率化を推進する。
  • グローバル標準への取り組み
  • 多数の自動車メーカーがグローバルに採用している標準部品も採用できるよう、グローバル標準規格に対応する。

  • TNGAと連動した調達戦略
  • 車種、地域、時間をまたぎ、複数車種のユニットをまとめてグローバルに発注することで競争力を確保する。

  • グルーピング開発による効率化
  • 部品・ユニットの共用化に対応し、複数の車種をまとめて、グローバルに、車種・地域・時間をまたいだ「まとめ発注」を実施し、さらなる競争力確保を進めていく。

とあるようですが、この発想と仕組みは、様々な企業が取り入れていきそうですね。
タイヤ買取ナンバーワンでも、これに似た取り組みを行い、お客様に満足いただけるような仕組みや、サービスの提供をしていきたいですね。

3.まとめ

「新しい技術」や「新しい視点」・「新しい仕組み」によって誕生した、新型プリウスはこれまでのプリウスとは全く別物と考えても良いのかもしれないですね。これからの自動車社会を牽引していく、トヨタならではですね。
個人的には新型プリウスG’sが早くみたいですね。さらにカッコよく走りを追求するG’sはまだ先でしょうか。

先ほど紹介した、新型プリウスのタイヤホイールも高く買取します。
そして只今、高額買取中です。新車外し品は超高額買取です。新車購入後、ホイールを変える予定のある方は、新車購入前に一度査定の依頼をしてください。ホイール購入の足しになることは間違いありません。
purius

ぜひ一度、査定ください。

タイヤやホイールの買取は タイヤ買取ナンバーワン までお問合せください。たくさんの査定お待ちしております。